ゼニカルはダイエットのサポーター!

 ゼニカルは元々スイスの大手製薬会社が開発した薬で世界各国流通されています。日本でも認知は低いですがカロリーを大幅カットでき、ダイエットに挫折を経験した人でも長く続けることができる夢の薬です。

ゼニカルのサポートでダイエットに成功した女性

ゼニカルと皮膚トラブル!

ゼニカルを服用すると皮膚トラブルが発生するという方がいますが、その多くは乾燥によるものです。肌に潤いを与えるためにはスキンケアだけでは不十分であり、傾向から保湿成分を摂取していく必要があります。その一つは水分ですが、水分を閉じ込めておくための油分も欠かせません。乾燥肌になりやすい方の特徴には、油の摂取量が少ないことがあげられます。あっさりした食事を好む方だと、脂肪が不足して肌がカサつきやすいのです。ゼニカルは30%の脂肪をブロックするので、もともと脂肪の摂取がそれほど多くない方だと、脂肪が不足して肌が乾燥してしまう可能性があります。乾燥した肌はカサついたり、かゆみを発生させたりしますし、皮脂というバリア物質が減少することで紫外線の影響も受けやすくなります。肌が敏感になってしまうので、ゼニカルを服用している方は普段以上にスキンケアを徹底する必要があるでしょう。あとは運動を行って代謝を高めていき、短期間で目的の体重まで落としていくことです。無理をした方法はリバウンドしやすいですが、ある程度の努力は必要となります。自分にとって継続できるダイエットメニューを考え、実践することが大切なのです。ある人には無理ではない方法でも、またある人にとっては無理な方法かもしれません。無理な方法かどうかの定義は、人によって変わってくるのです。皮膚が乾燥しやすい方は、入浴後の保湿を徹底してください。ゼニカルを服用しているだけでも乾燥しやすくなりますが、入浴後は特に乾燥を招きやすいのです。皮脂がお湯で流れてしまうので、保湿液やクリームなどを使用して潤いを与えていきましょう。潤い不足は乾燥肌や敏感肌を招くので、乾燥肌対策のスキンケアが必要になるでしょう。

ゼニカルを飲むと体から油がでる?

ゼニカルは、脂肪吸収抑制剤に分類されている肥満症の治療薬なので、摂取した脂肪の約30%をそのまま排泄する事で摂取カロリーを抑制しダイエット効果を示します。一般的に人間が食品から摂取する脂肪の8割~9割は、長鎖脂肪酸とグリセリンがエステル結合したトリアシルグリセロール分子種であり、トリアシルグリセロールは油脂とも呼ばれる事もあり、ゼニカル服用中に排泄される不飽和脂肪酸の多いトリアシルグリセロールは体温で油状となる為、ゼニカル服用者には油状の排便を見て体から油が出ている様に感じるケースが多くあります。その為、気付かないうちに油状の便が漏れ出したり、オナラと間違えて便失禁したり、便やオナラの臭いが強くなるなど便に関するトラブルが多いのもゼニカルの特徴ですが、服用初期の症状なので服用を継続し続けると次第に症状が消失して行くので心配する必要は無いとされています。体から油が出ると感じられるゼニカルは、摂取した脂肪トリアシルグリセロールを消化器官で吸収する為にエステル結合を加水分解する消化酵素リパーゼを不活性化する事で摂取した脂肪の遊離分解を阻害し吸収を阻害する効果を示します。ゼニカルは、胃液や膵液に存在する消化酵素リパーゼのセリン残基と結合するので、肝臓や腎臓などの主要な臓器に医薬成分が蓄えられる危険性が無く、服用後数日で98%以上の医薬成分が体外に排泄されます。その為、重篤な副作用のリスクや副作用の発症頻度が低い安全性の高い医薬品とされ、長期にわたるウエイトコントロールに適しているとされ高度肥満症の治療に用いられています。現在では、高血圧や高コレステロール血症、高血糖値など高血圧症や糖尿病などの起因となる危険な症候の改善にも有効とされています。

ゼニカルとストレスの有無

ゼニカルは、スイスの製薬メーカーにより肥満症の治療薬として開発された医薬品ですが、現在は用法用量の手軽さや長期間にわたり安定したダイエット効果が得られるとして世界の国々で人気のダイエットピルです。一般的なダイエットは、食事制限や毎日の運動、アルコール摂取の制限などストレスの溜まる事ばかり必要とされますが、ゼニカルによるダイエットは普段の生活に食後1時間以内の服用が必要なだけでストレスとは無縁とされています。ゼニカルは、服用後数日で医薬成分の98%以上を体外に排出するので副作用が非常に少なく安全な医薬品とされており、長期の服用も可能なので服用を継続する限りダイエット効果を得る事が出来ます。その為、ストレスに起因する過食によるリバウンドやダイエット自体の挫折が無い上に、ストレスに起因するホルモンバランス乱れや食事制限に起因する栄養不足などが無いので、肌のコンディションや体調の崩れも無く身体的にも精神的にも健康にダイエットが出来ます。しかし、ゼニカルによるダイエットも、他のダイエットと同様に停滞期があるので、停滞期を理解し諦めずに服用し続ければ再びダイエット効果を実感出来ます。ゼニカルの服用方法は、食後1時間以内の服用が原則なので、飲み忘れた時も2回分飲む必要が無いとされ、ゼニカルの主成分オーリスタットの半減期が1時間~2時間なので食後1時間を超えての服用はあまり効果が無いとされています。又、ダイエット効果の向上を期待して用量を増やしても、効果に差はほとんど無いので用法用量通りに服用すべきです。ゼニカルは、数多くのジェネリック医薬品が市販化されているので、従来に比べて安価で購入する事が出来るので、経済的にもストレスが少なくなったおすすめのダイエット法です。